借地権のトラブル

家借地借地権をめぐる地主と借主のトラブルは多々あり、悩んでいる人も多数います。どんなトラブルがあるか、ご紹介しましょう。

借地人が抱えている借地権のトラブルの多くは、土地が自分が自分の物ではないための悩みやトラブルです。たとえば、突然地主さんが代わり、今までとは違う待遇になり、地上げや立ち退きの要求がある、土地を買い取りたくても地主さんが承諾しない、担保価値が低いために住宅ローン等の銀行融資がNGになる等があります。その反対に地主が抱える悩みもあるのです。たとえば、地代の滞納、借地契約上のトラブル、更新料の設定によるトラブル等、地主側でも困っていることは多々あるのです。

このような時、双方だけでは話し合いが無理ということになります。それでも、何とか解決したいものですから、第三者として不動産や借地権に詳しいプロがいる会社が中間に入ってくれるとあれば、何とかなるということもあるものです。この様な時にたよりになるのが底地取扱店になります。底地とは借地権のついた宅地の所有権のことを言い、底地取扱店は、そのような土地について専門的に取り扱っているところで、借地権についての俊樹を持っている人が不動産会社の中にある場合もない場合もあるのです。

当サイトはこういった借地権に関する内容をお届けいたします。どのようにして底地取扱店に相談すればいいか、円満に解決できるかどうかについて、分かりやすくお話しましょう。借地権でお困りの方、借地権にご興味のある方は、ご参考になさってください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket