円満に解決しよう

どんなことでも、争うことなく円満に解決したいものです。借地権についてもそうでしょう。借地権相続トラブルは、地主と借主の一対一では、うまくいかない場合がありますから、第三者である底地取扱店にお願いすると良いです。

相談どんなことでもそうですが、お互いに感情的になってしまうと、雰囲気が悪くなり、話し合いが進まないと言う状況になります。土地の問題となると、難しいですし、法律が関わってきますから、借地権のプロである底地取扱店にそのノウハウを教わり、話し合いの中にも入ってもらうと、感情的にならずに済むでしょう。感情的になってしまうと、余りいいことはありません。つい言ってはいけないことを言葉に出してしまう場合がないとは言えないでしょう。そうなると、喧嘩のようになってしまい、話し合いにはなりませんから、気を付けた方が賢明です。

とは言いましても、言いたいこと、主張したいことは言った方が良いこともありますから、その辺りも底地取扱店のスタッフに聞いておくと良いです。こういうお店のスタッフは様々なケースを見ていますから、その経験からアドバイスをしてもらえます。その指導を受けて、地主側との話合いを持つとスムーズに行き、解決できるかもしれません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket