円満に解決しよう

どんなことでも、争うことなく円満に解決したいものです。借地権についてもそうでしょう。借地権相続トラブルは、地主と借主の一対一では、うまくいかない場合がありますから、第三者である底地取扱店にお願いすると良いです。

相談どんなことでもそうですが、お互いに感情的になってしまうと、雰囲気が悪くなり、話し合いが進まないと言う状況になります。土地の問題となると、難しいですし、法律が関わってきますから、借地権のプロである底地取扱店にそのノウハウを教わり、話し合いの中にも入ってもらうと、感情的にならずに済むでしょう。感情的になってしまうと、余りいいことはありません。つい言ってはいけないことを言葉に出してしまう場合がないとは言えないでしょう。そうなると、喧嘩のようになってしまい、話し合いにはなりませんから、気を付けた方が賢明です。

とは言いましても、言いたいこと、主張したいことは言った方が良いこともありますから、その辺りも底地取扱店のスタッフに聞いておくと良いです。こういうお店のスタッフは様々なケースを見ていますから、その経験からアドバイスをしてもらえます。その指導を受けて、地主側との話合いを持つとスムーズに行き、解決できるかもしれません。

底地取扱店に相談

相続した借地権でトラブルが起こったら、借地権に関する専門的知識を持ったスタッフがいる底地取扱店へ相談すると良いです。

携帯、パソコン底地取扱店が家の近くにあるかどうか分からない場合は、「底地取扱店」でインターネット検索をしてみましょう。そのお店によっては、メールや電話で問い合わせが出来ます。電話で相談したい場合は、受付時間に合わせて掛けてみましょう。メールですと24時間いつでも大丈夫なので、空いている時間にメールを打って送信すると返信があります。家に来てもらいたいと言う場合はまず、問合せをしてみてからの方が良いでしょう。但し、行かれる範囲がありますので、お確かめください。また、直接、自分がお店に行って相談したいのであれば、場所をホームページで確かめ、電話やメールで問い合わせてから行ってみるのもおすすめです。実際に会って、借地権のプロの人に聞いてもらえると、気が晴れることもあるでしょうし、良いアドバイスをもらえるでしょう

このように、底地取扱店に相談することで、解決の糸口は見えてくるはずです。もしも、お近くに底地取扱店がないのであれば、全国規模の不動産会社で底地取扱い部門がありますから、アクセスして電話かメールで相談して見ても良いでしょう。行動をしなければ、始まりませんから、何かしらの行動してみると良いです。

借地権のトラブル

家借地借地権をめぐる地主と借主のトラブルは多々あり、悩んでいる人も多数います。どんなトラブルがあるか、ご紹介しましょう。

借地人が抱えている借地権のトラブルの多くは、土地が自分が自分の物ではないための悩みやトラブルです。たとえば、突然地主さんが代わり、今までとは違う待遇になり、地上げや立ち退きの要求がある、土地を買い取りたくても地主さんが承諾しない、担保価値が低いために住宅ローン等の銀行融資がNGになる等があります。その反対に地主が抱える悩みもあるのです。たとえば、地代の滞納、借地契約上のトラブル、更新料の設定によるトラブル等、地主側でも困っていることは多々あるのです。

このような時、双方だけでは話し合いが無理ということになります。それでも、何とか解決したいものですから、第三者として不動産や借地権に詳しいプロがいる会社が中間に入ってくれるとあれば、何とかなるということもあるものです。この様な時にたよりになるのが底地取扱店になります。底地とは借地権のついた宅地の所有権のことを言い、底地取扱店は、そのような土地について専門的に取り扱っているところで、借地権についての俊樹を持っている人が不動産会社の中にある場合もない場合もあるのです。

当サイトはこういった借地権に関する内容をお届けいたします。どのようにして底地取扱店に相談すればいいか、円満に解決できるかどうかについて、分かりやすくお話しましょう。借地権でお困りの方、借地権にご興味のある方は、ご参考になさってください。